賃貸マンションのオーナー・管理会社様向けプラン

ムラウチネットワークは、賃貸ビジネスを営む集合住宅のオーナー様にとって、ただのアンテナ工事会社ではなく、賃貸経営のお手伝いができるビジネスパートナーを目指しております。ご要望に応じ、各物件に最適なご提案をいたします。地上デジタル放送対応と同様に対応が必須となる住宅用火災警報器(対象物件のみ)や、現在人気のテレビドアホンなど、安心・安全のセキュリティ設備の同時工事もおまかせください。

集合住宅の共同アンテナで地上デジタル放送を視聴するためには?

マンション
UHFアンテナ、UHF・VHFブースター
追加が必要な場合があります。
既存アンテナと混合することにより、アナログ放送もデジタル放送もご覧いただけます。また、既設設備がUHF帯対応であっても安定した映像の受信にはデジタル対応機器への交換が必要です。
分配器、ケーブル
デジタル対応でない場合交換が必要になります。
棟内ケーブルも規格が古く、デジタル放送に対応していない場合や劣化がみられる場合には、張替えが必要になる場合がございます。
テレビ
地上デジタルチューナー内蔵テレビもしくは外付けのデジタルチューナーが必要となります。

地上デジタル放送を早期に導入する効果

空室対策・入居率促進のために集合住宅の地デジ対応はお早めに

現在販売されている機器のほとんどが地上デジタル放送対応になっています。お部屋を探されている方で、新婚さんや初めて一人暮らしを始められる方の多くが地上デジタル放送対応機器を購入されます。最近ではデジタルチューナーしか搭載していない機器も販売されており、地上デジタル放送に対応していない物件は敬遠されがちになってきています。特に空室が気になる物件の場合、お早目の地上デジタル放送対応をオススメいたします。

いずれは行わなければいけないことであれば、テレビ設備のデジタル対応化を空室対策に効果的に活かしてみませんか?

早めに地上デジタル放送対応工事を行えば、未対応物件に差をつけられる要素なりますが、対応が遅くなってしまうとテレビが映らなくなるのを回避する現状維持のためだけの投資になってしまいます。決断が早ければ早いほど費用対効果は大きくなります。

更なる付加価値・空室対策に ― BSデジタル/110度CS ―

集合住宅にはBSデジタル放送及び110度CS放送の導入をオススメしております。
地上デジタル放送対応テレビのほとんどにBSデジタル/110度CSチューナーが搭載されており、今後、賃貸集合住宅もBSデジタル/110度CS放送対応がスタンダードとなってくると思われます。

ケーブルテレビ導入済みの物件でも、BSデジタル110度CS放送に対応するためにはBSアンテナが必要となります。現在BSアンテナがない物件にはBSアンテナの設置を、BSアンテナ設置済みの物件でもグレードアップのために110度CS放送対応に改修をしてみませんか?

お部屋をお探しの方は、当然物件を比較し、より良い物件を選びます。デジタル放送対応の機器を持っていても、地上波放送しか視聴できない物件よりは、BSデジタル/110度CS放送も視聴できる物件、要するにデジタル放送対応の機器の機能が十分に発揮できる物件の方が、お部屋をお探しの方にはアピールになります。共同アンテナとしてBSアンテナを設置する場合、各戸でベランダにBSアンテナを設置するより、物件の外観も良くなります。また、物件によってはベランダが東向き等になっていて、各戸でBSアンテナを設置することができない場合もあります。

将来を見据え、デジタル放送に関心が集まっている現在が、BSデジタル/110度CS放送対応に改修する絶好のタイミングではないでしょうか?

お気軽にお問い合わせください  このページのトップへ

住宅用火災警報器の取付け

東京都の場合、火災予防条例の改正により、自動火災報知設備の設置が義務とされていない小規模物件でも、平成22年4月1日より各戸に住宅用火災警報器の設置が義務となります。
テレビ端子の交換等宅内作業が生じるデジタル放送対応工事をご依頼いただいた場合には、住宅用火災警報器を特別価格にて同時に設置致します。
地上デジタル放送対応と住宅用火災警報器の設置を一度の工事で済ませてみませんか? 住宅用火災警報器のみ設置ご希望の場合には、その都度御見積となりますのでお問合せ下さい。

工事までの流れ

お問い合わせ
弊社HPのお問合せフォーム、またはお電話でお問合せください。( ※事前の打合せがあるので、工事申込みフォームからは申し込まないでください)
担当者からご連絡
担当者から折り返しご連絡をさしあげます。ご要望・調査日時等のお打合せをさせていただきます。
現地調査
現地にて既存のテレビ設備の機器等の調査を行います。受信状況及び設備について詳細な調査が必要な場合には調査費用がかかる場合がございます。
ご提案
ご要望及び現地調査結果に基づきお見積書を作成し、対象物件に最適な工事のご提案を致します。ご要望により、住宅用火災警報器やテレビドアホンの同時設置等もご提案が可能です。
受注
 
工事日決定
ご相談のうえ、工事日を決定いたします。
工事日のお知らせ
入居者の方へ事前に工事日の通知を行います。宅内工事が必要となる場合には、入居者の方と訪問日の調整を行います。
工事
 

お気軽にお問い合わせください  このページのトップへ

Q & A

Q地上デジタル放送のアンテナに切り替えると、アナログしか見られないテレビを持っている入居者の方がテレビを見られなくなのでは?
A既存のアナログ放送受信用のアンテナを残し、地上デジタル放送と地上アナログ放送の電波を混合することが可能です。入居者の方が、アナログ放送しか視聴できないテレビ、地上デジタル放送しか視聴できないテレビ、どちらのテレビをお持ちでも対応が可能です。
Q地上デジタル放送への移行までにまだ時間があるし、入居者から要望もまだないけど…
A「入居者からまだ要望がないし…」という声をよく聞きますが、地上デジタル放送対応の機器をお持ちの方は、地上デジタル放送未対応物件を敬遠しがちです。入居者からの要望がないのではなく、その物件が避けられているだけかもしれません。地上デジタル放送対応済みで、空室ができてもすぐに次の入居者が決まるような人気物件は、入居者の多くが既に地上デジタル放送対応機器を所有されているケースも少なくありません。
Q学生さん向けのアパートで、学生さんは地上デジタル対応のテレビはまだ持ってないのでは?
A現在、一人暮らしを始める時にテレビを買うとなると、あと数年しか使えないアナログのみ対応のテレビより、今後も長く使える地上デジタル放送対応テレビを購入するケースがほとんどです。また、現代の学生に必須のパソコンも地上デジタル放送対応のものが増えてきており、寧ろ学生さんの方が、地上デジタル放送対応機器を所有しているケースが多いです。
Qケーブルテレビを導入しているマンションだから、特にデジタル放送のための工事は必要ないのでは?
A基本的に地上デジタル放送はケーブルテレビで概ね対応できると思います。導入している各ケーブルテレビ会社にご確認ください。但し、ケーブルテレビでデジタル放送の電波を流していても、棟内の設備機器が非対応であったり、劣化がある場合には、全世帯までデジタル放送の電波が到達しない場合もあります。ケーブルテレビ導入物件なのにデジタル放送の映像が乱れたり、映らない場合には棟内設備に不備がある可能性があります。
また、ケーブルテレビ導入物件の場合、BS放送のデジタル化に対応する工事が疎かになりがちです。通常、ケーブルテレビではBSデジタル放送は周波数を変換して送信しており、視聴するためにはケーブルテレビ会社と契約をして専用のチューナーが必要となります。よって、テレビ等に内臓のBSデジタルチューナーではご視聴いただけません。地上波同様、BS放送もアナログ放送からデジタル放送に移行しますので、テレビ等に内臓のBSデジタルチューナーでBSデジタル放送/110度CS放送が視聴できるようにBSアンテナ設備の改修をオススメいたします。

お気軽にお問い合わせください  このページのトップへ