分譲マンションの管理組合・管理会社様向けプラン

ムラウチネットワークでは、快適な生活を送るための住環境や資産価値の維持向上を考え、各マンションに適切なテレビ設備のご提案をいたします。

お気軽にお問い合わせください

集合住宅の共同アンテナで地上デジタル放送を視聴するためには?

マンション
UHFアンテナ、UHF・VHFブースター
追加が必要な場合があります。
既存アンテナと混合することにより、アナログ放送もデジタル放送もご覧いただけます。また、既設設備がUHF帯対応であっても安定した映像の受信にはデジタル対応機器への交換が必要です。
分配器、ケーブル
デジタル対応でない場合交換が必要になります。
棟内ケーブルも規格が古く、デジタル放送に対応していない場合や劣化がみられる場合には、張替えが必要になる場合がございます。
テレビ
地上デジタルチューナー内蔵テレビもしくは外付けのデジタルチューナーが必要となります。

導入のポイント

集合住宅の場合、既に地上デジタル放送対応の機器をお持ちの方もいらっしゃれば、まだお持ちでない方もいらっしゃると思います。アナログ放送の停波は2011年7月24日となっておりますが、地上デジタル放送対応の機器をお持ちの方は、やはり早く高画質高音質等の地上デジタル放送の恩恵に与りたいと思われるのが当然かと思います。地上デジタル放送対応の改修工事を行なっても、地上アナログ放送も引き続き併用してご利用いただけますので、居住者の方が快適にテレビをご視聴できるようにお早めの工事をオススメしております。

お気軽にお問い合わせください  このページのトップへ

住環境・資産価値の向上 ― BSデジタル/110度CS 多チャンネル対応 ―

分譲マンションの場合、テレビ設備も皆様の大事な資産の一つです。

地上デジタル放送だけではなく、BSデジタル/110度CS放送への対応をオススメしております。BSの共同アンテナを設置すれば、ベランダにパラボラアンテナを設置する必要もなくなり、美観を損ねることもありませんし、テレビ放送が多様化してきている現在、多くの放送に対応していることは資産価値向上にも繋がります。また、建物の構造や周辺の環境によっては、個別にベランダにBSアンテナを設置ができない場合もあります。居住者の平等且つ快適なテレビ環境を整えることは住環境の向上に繋がります。
既にBSアンテナが設置されている建物でも、BSデジタル放送や110度CS放送への対応が可能かどうかご確認をオススメ致します。ケーブルテレビとの共存も可能です。

Q & A

Qケーブルテレビを導入しているマンションだから、特にデジタル放送のための工事は必要ないのでは?
A基本的に地上デジタル放送はケーブルテレビで概ね対応できると思います。導入している各ケーブルテレビ会社にご確認ください。但し、ケーブルテレビでデジタル放送の電波を流していても、棟内の設備機器が非対応であったり、劣化がある場合には、全世帯までデジタル放送の電波が到達しない場合もあります。ケーブルテレビ導入物件なのにデジタル放送の映像が乱れたり、映らない場合には棟内設備に不備がある可能性があります。
また、ケーブルテレビ導入物件の場合、BS放送のデジタル化に対応する工事が疎かになりがちです。通常、ケーブルテレビではBSデジタル放送は周波数を変換して送信しており、視聴するためにはケーブルテレビ会社と契約をして専用のチューナーが必要となります。よって、テレビ等に内臓のBSデジタルチューナーではご視聴いただけません。地上波同様、BS放送もアナログ放送からデジタル放送に移行しますので、テレビ等に内臓のBSデジタルチューナーでBSデジタル放送/110度CS放送が視聴できるようにBSアンテナ設備の改修をオススメいたします。

お気軽にお問い合わせください  このページのトップへ