住宅用火災警報器

※2階でお休み中に逃げ遅れによる焼死事故が多く発生しています。

<注意!!>
◎電池には寿命があります。(電池交換が必要です。)
寿命は専用のリチウム電池で約10年です。(中には短命の電池もあるようです。)アルカリ電池は2年くらいが目安です。
※交換後は必ず動作確認をしましょう。

◎電池切れの警告はメーカーや製造時期により違うようです。
・「ピッ」という警告音がなるタイプ
・表示灯が点滅を繰り返すタイプ
・音声でお知らせするタイプ
・・・・などなど

◎短期間で電池が切れてしまう場合には、製造メーカーに問い合わせてみましょう。
(使用部品などに不具合が発生している場合があります。)

 

このページのトップへ